メニュー 閉じる

国家試験前日から当日のルポー第24回言語聴覚士国家試験を受験してきました!ー

今回は第24回言語聴覚士国家試験のお話です。

去る2/19(土)に、第24回言語聴覚士国家試験がありました。試験会場は北海道、東京都、愛知県、大阪府、広島県及び福岡県のみですので、我々新潟勢は東京会場で受験しました。

試験は9:30開始ですので、前日から東京入りします。

新潟ー東京間の新幹線チケットとホテルの予約は、以前は大学が旅行代理店を通して一括して行っていました。そのため行き来も皆で一緒に行っていましたが、昨年からは密を避けるため、各自で新幹線に乗って出発しています。新幹線やホテルの予約も希望者のみ大学が対応しています。

また、万一濃厚接触者となった場合に、その学生のみ使用する東京行きのバスも一応用意しておりました(使うことにならず安心しました)。

2/18(金)午後3時、ホテルに学生が集まってきました。もうすでに緊張して落ち着かないという学生もいました。

学生が東京に到着しているか、Google formを使ってゼミごとに報告してもらいます。午後4時過ぎには全員の到着を確認しました。

以後は自由時間です!晩ご飯と明日の昼ご飯を準備して、おのおの部屋で過ごしました。いつもは遅くまで勉強していても、明日に備えて早めに就寝した人が多かったようです。

一夜明けて2/19(土)、いよいよ試験当日です!

ホテルの朝食はメニューが豊富でちょっと元気になりました。各部屋で食事をとった後、再びGoogle Formで全員に出発を報告してもらいました。8:30には宿泊先のすぐ隣の試験会場に全員が入りました。

試験会場のTOC有明コンベンションホール
受験番号ごとの試験室が掲示されていました
エスカレーターを上がった先に試験室があります

9:00に試験室集合、9:30午前の部の開始です。

12:00に休憩となり学生が出てきました。結構難しい問題も出たと言って涙する学生もいました。

でも試験はまだ半分!気を取り直して午後に挑みます。

その間教員は、学生から借りた午前の部の試験問題をチェックし、解答を作成します。

16:00過ぎ、ついに全ての試験が終わり学生が出てきました。午前に比べるとすっきりした表情の学生が目立ちます。それでも試験の終わった解放感と不安から涙を流す学生もいました。

家に帰るまでが国家試験です!学生たちは各自、Google Formで自分の解答番号を入力して大学に送ります。そのあとはおいしい駅弁を食べたりしながら新潟に向かいました。これまでの疲れが出たのか、ぐっすり眠りこんでいる学生の姿も。

新潟駅には山岸学科長と吉岡先生が出迎えに来てくださいました。先生方のお顔を拝見するとほっとしますね!

山岸先生の紹介はこちら

吉岡先生の紹介はこちら

国試受験を終えた皆さん、本当にお疲れさまでした!

4年生は一息ついたら、再来週に控えた卒業研究発表会の準備に取り掛かります。

卒業まであと少し、頑張りましょう!!

言語聴覚学科の紹介はこちら