メニュー 閉じる

本学科の魅力②多彩な教師陣:領域ごとに複数の教員が在籍

こんにちは。STkouhouです。

本学科の魅力をお伝えするシリーズ,前回までは本学科の臨床施設における実践的な学びについて紹介しました。

臨床施設についての紹介はこちらこちら

今回は本学科の魅力第2弾,教師陣について紹介します!!

言語聴覚士を養成する学校の場合,教授陣は言語聴覚士で構成される傾向があります。

学生が目指すのは言語聴覚士ですので,言語聴覚士が学生を教育するのは当然のことです。

しかし言語聴覚士の仕事は,対象の年齢や原因疾患,症状などが多岐にわたりますので,一人の教員がすべての領域のエキスパートとなるのは難しいです。そのため言語聴覚士の教員が一人で行う教育には限界があります。

本学科では,言語聴覚士の関わる領域ごとに複数の教員が在籍しております。一人一人の教員は研究活動や臨床活動を活発に行っており,この領域の第一人者が多数そろっています。

下記に領域ごとの教員を紹介します。※一部の教員は複数の領域を担当しています。

小児領域担当の教員

高次脳機能領域担当の教員

嚥下・発声発語領域担当の教員

聴覚領域担当の教員

本学科の教員紹介はこちら

本学科の魅力を伝えるシリーズ,次回は教員の職種の多彩さについてお伝えします!

言語聴覚学科の紹介はこちら