メニュー 閉じる

オンライン謝恩会

こんにちは。STkouhouです。

卒業式シーズンですね。

本学科では例年、新潟市のコンベンション施設である朱鷺メッセで卒業式を行い、その後朱鷺メッセの近くのホテルで謝恩会を開催してきました。

毎回4年生が幹事となり、4年間を振り返る出し物や、各教員のスピーチに加え、学生が教員とゆっくりと会話ができる大事な機会でした。

しかし昨年からのコロナ流行のため、卒業式は朱鷺メッセで開催できるものの、ホテルでの謝恩会は実施できなくなってしまいました。

残念だけれど仕方がない…と思っていたところ、なんと4年生はオンラインでの謝恩会を企画してきました!

オンラインで謝恩会とは、どのような会になるのでしょうか?

3/10(水)の夕方から、オンライン謝恩会はスタートしました!

まずは4年生幹事の挨拶でスタートです。

続いて教員が一言ずつ、はなむけのスピーチを送りました。やはりスピーチの内容はコロナに関連するものが多くきかれました。

コロナの影響で実習や試験対策が例年通りいかなかったこと、そのような逆境にも負けず、4年生は皆ベストを尽くし、環境の変化にも柔軟に対応していたことが称えられました。

教員のスピーチが続く中、

本学科で構音障害や嚥下障害の講義を担当されている、医療情報管理学科の西尾正輝教授が、ギターで長渕剛の『乾杯』を披露しました!

先生の美声で、会の雰囲気がグッと高まりました。

西尾先生の紹介はこちら

最後も4年生幹事のあいさつで締めとなりました。

先月まで国試勉強で、現在も4月からの新生活に向けて、忙しい日々でしたのに、準備は万端になされ、オンラインでも立派な謝恩会となりました。

また、教員たちは、オンラインでもここまで楽しい会を開催できることに驚かされ、4年生の発想の柔軟さに感服しました。

最終学年になって、思ってもみなかったコロナ禍にみまわれた4年生ですが、これからはじまる言語聴覚士としての人生でも、思いがけないことが起きるかもしれません。

今回オンラインで謝恩会を開催したように、ぜひ柔軟な発想で、困難を乗り越えていけることを願っています。

言語聴覚学科の紹介はこちら